Gorilla Tactics

gdgdレート対戦録

【ポケモン剣盾】崩し枠におけるガラルヒヒダルマと一撃の型ウーラオスの違いについて

【はじめに】
皆さんおはこんばんにちは〜
剣盾でガラルヒヒダルマ使用回数No.1マン(推定)です。

今回はパーティに崩し枠として採用されることが多い、ガラルヒヒダルマf:id:Beii:20210408231340p:plainと一撃の型ウーラオスf:id:Beii:20210411160357p:plainの違いについて簡単にまとめてみました(両方持ち物は拘り鉢巻f:id:Beii:20210408231947p:plain想定)。
最近構築記事を見てると、崩し枠がウーラオスしかいなくてヒヒダルマが過小評価されてる気がするので、ヒヒダルマも割とやるんだなってことを分かって頂ければと思います(そちらが本題)。

お時間がある方はよければ見ていってください^^

【基本データ】
f:id:Beii:20211217202509g:plain

ヒヒダルマ(ガラルの姿) 達磨ポケモン
タイプ:こおりタイプ(第6世代)

種族値:H105-A140-B55-C30-D55-S95(480)
補正込みA特化実数値:211
特性:五里霧中 - ダルマモード
主な物理技:
氷柱落とし 冷凍パンチ
フレアドライブ 炎のパンチ
地震 蜻蛉返り
馬鹿力 瓦割り
ストーンエッジ 岩雪崩 岩石封じ
アイアンヘッド 鬱憤晴らし 思念の頭突き ギガインパクトetc...

f:id:Beii:20211217202555g:plain
ウーラオス(一撃の型) 拳法ポケモン
タイプ:かくとうタイプ(第6世代) あくタイプ(第6世代)

種族値:H100-A130-B100-C63-D60-S97(550)
補正込みA特化実数値:200
特性:不可視の拳 - -
主な物理技:
インファイト 瓦割り ドレインパンチ
暗黒強打 不意打ち
ストーンエッジ 岩雪崩 岩石封じ
燕返し 蜻蛉返り 毒突き アイアンヘッド
炎のパンチ 雷パンチ 冷凍パンチetc...

太字は特に重要だと思った技

ヒヒダルマf:id:Beii:20210329234850p:plain強み
・全てのポケモンを確定2発以内で持っていく事ができる≒受けられない状況を作りやすい
ヒヒダルマは「A種族値140×特性五里霧中(A×1.5倍)×氷単タイプとは思えない技範囲の広さ」により、ダイマックス非考慮且つ適切な技を打てば、全てのポケモンを確定2発で持っていく事ができる(多分)。
また、ダイマックスしていてもH振りまでのマルスカイリューを氷柱落としで確定1発、無振りテッカグヤフレアドライブで確定1発。

その為有利対面を作れば、多少読みは必要だが相手が受けられない状況を作りやすい。

・特性の仕様と拘り鉢巻の仕様が噛み合っている
剣盾発売当初から言われていた事だが、ガラルヒヒダルマの特性「五里霧中」は一度技を打つと技が縛られる為、同条件の拘り鉢巻f:id:Beii:20210408231947p:plainと拘りスカーフf:id:Beii:20210408232006p:plainとの相性が非常に良い。

また、スカーフを警戒させ、引いてきた所に相手の裏のポケモンを大きく削りサイクルを破壊させることも出来る(色々な理由であまりオススメはしません^^;)。

ヒヒダルマf:id:Beii:20210408231340p:plain弱み
・耐久があまり高くない故に出落ちしやすく、クッションを用意する必要がある
ヒヒダルマは氷単タイプ且つBDが低く先制技もない為、弱点を突かれ易くヒヒダルマより速いポケモンには手も足も出ない。その為、ヒヒダルマを上から狩ってくるポケモンや、拘ったあとに対してのクッションが必要となる。

自分の過去の構築記事から分かるが、鉢巻ヒヒダルマを採用した構築には全てHBサンダーf:id:Beii:20210329235601p:plainが同居している(採用してなくても入ってるけど)。

ダイマックスを活かしづらい
広い技範囲のおかげで打てる技は申し分ないが、非ダイマックス状態の時より火力が落ち、ダイマックス同士の打ち合いに弱い為ダイマックスを活かしづらい。
特にウーラオスとの最大の違いはダイジェットが使えないことである。ということなので増田さんヒヒダルマに飛行物理技下さい。

【ウーラオスf:id:Beii:20210503232602p:plain強み
・無振りでも耐久がそこそこあるので単体での活躍が見込める
ヒヒダルマと違いウーラオスは耐久が高く先制技の不意打ちもある為、最低限仕事ができる。

悪技は一貫を取りやすく、クッションが必ず必要では無いので単体でも活躍出来る。

・威嚇や壁のデバフ、守る等のターン稼ぎを無視して攻撃することが出来る
ウーラオスの専用技「暗黒強打」は確定急所技の為威嚇や壁、相手の防御上昇や守るも無視して攻撃できるので、デバフを気にせずに相手が展開した後からでも崩しが可能。

また主要技が殆ど命中100%なので、命中不安に怯えることもない。

ダイマックスを活かしやすい
ウーラオス燕返しを覚える為、最強技ダイジェットを使うことができ、Sを上げ全抜きのプランも立てることができる。

【ウーラオスf:id:Beii:20210503232602p:plain弱み
・火力が足りない
ウーラオスヒヒダルマと違い火力の底上げが鉢巻しかなく、フェアリーf:id:Beii:20211220115220p:plainf:id:Beii:20210408231820p:plainやムゲンダイナf:id:Beii:20210418144108p:plainドヒドイデf:id:Beii:20210618005032p:plain等で止まりやすい。ヒヒダルマであればこれらのポケモンはレヒレ以外確1で落とすことができる。

ここがヒヒダルマとの一番の違いだと自分は思っている。

・主要技のPPが少ない
ウーラオスの主要技「インファイト、暗黒強打、不意打ち」は全てPP5(マックスで8)の為、特性がプレッシャーのポケモン相手には4回しか打てず、プレッシャーではなくても普通に技を打っているとPPが枯れやすい。


【結論】
ヒヒダルマの方が強く出られるポケモン
f:id:Beii:20210329235601p:plainf:id:Beii:20210904002242p:plainf:id:Beii:20210408231440p:plainf:id:Beii:20210408231820p:plainf:id:Beii:20210512090353p:plainf:id:Beii:20211220110756p:plainf:id:Beii:20211220110721p:plainf:id:Beii:20210418144108p:plainf:id:Beii:20210411160200p:plainf:id:Beii:20210418144041p:plainf:id:Beii:20211223223614p:plainf:id:Beii:20210411160220p:plainf:id:Beii:20211223223725p:plainf:id:Beii:20211223223811p:plainf:id:Beii:20211223223900p:plainf:id:Beii:20211223224002p:plainf:id:Beii:20210408231422p:plainetc...

・ウーラオスの方が強く出られるポケモン
f:id:Beii:20210503232602p:plainf:id:Beii:20210408231603p:plainf:id:Beii:20210408231527p:plainf:id:Beii:20211223224323p:plainf:id:Beii:20210330000320p:plainf:id:Beii:20210329235945p:plainf:id:Beii:20210618000601p:plainf:id:Beii:20210512090652p:plainf:id:Beii:20211101113048p:plainf:id:Beii:20210418143223p:plainf:id:Beii:20210418142945p:plainf:id:Beii:20210503232516p:plainf:id:Beii:20210408231340p:plainf:id:Beii:20210408231834p:plainf:id:Beii:20211223230006p:plainf:id:Beii:20211223230051p:plainf:id:Beii:20210418150306p:plainf:id:Beii:20210418143355p:plainf:id:Beii:20211101033604p:plainf:id:Beii:20211223230233p:plainf:id:Beii:20211223230313p:plainf:id:Beii:20211223230349p:plainf:id:Beii:20211223230415p:plainf:id:Beii:20210408231504p:plainetc...



火力のヒヒダルマ、汎用性のウーラオス



何か追記があれば@Gori_Tacまで。


(特にウーラオスの方はあまり使った事がなく憶測な部分が多いので、教えて貰えると助かります^^;)