Gorilla Tactics

gdgdレート対戦録

【単体考察】有限ヘイラッシャ

【個体詳細】
ヘイラッシャ@オボンの実 テラスタイプ:地面

特性:天然
性格:意地っ張り
実数値(AB):228(20)-165(236)-165(236)-×-86(4)-57(12)
実数値(AD):228(20)-165(236)-136(4)-×-115(236)-57(12)
技構成:ウェーブタックル/地震/雪雪崩/欠伸

【調整意図】
H→4n
A→後攻雪雪崩でB4ドラパルト乱数68.7%
S→同族意識
AB振り→A200ガブリアスの鉢巻逆鱗オボン込み大体2耐え(目安)
AD振り→C152ドラパルトのドラゴンテラス流星群確定耐え(目安)

【個体解説】
7世代の有限カビゴン(意地AB@フィラの実,捨て身/地震/冷P/欠伸)を参考に、3Wに欠伸を入れて広い技範囲で多くのポケモンを相手にでき、特性が天然な為積みストッパーも行う事が可能。
また、ジバコイルヒートロトムに対してミスリードを誘う事で甘えたボルチェンを地面テラスでカットし、地震,ウェーブタックルで対面処理が可能。
何より欠伸が異常な性能で相手の受け出しに合わせる事で眠りか裏への負担かの二択を迫ることが可能であり、クッションが1枠の構築に対しては崩しとしても機能してしまう。(デデシタンさんの結論ゲコミミカビより抜粋)
AB振りとAD振りでかなり役割対象が動くので、パーティと要相談。