Gorilla Tactics

gdgdレート対戦録

【ポケモン︎SV】S17使用構築-キタカミグッドスタッフ神【最終2128-15位】

【使用構築】


↑の並びで潜っていました。

皆さんおはこんばんにちは!五里霧中です。
S17お疲れ様でした。今季は最終15位とそこそこ良い結果を残せたので記事を書かせて頂きます。
ルールも変わるのであまり参考にならないと思いますが、最後まで読んで下さると嬉しいです。

【コンセプト】
・ハバタクカミ解禁
・ブリジュラスに対して安定した立ち回りを行う

【使用構築】
カイリュー@ゴツゴツメット テラスタイプ:ノーマル

特性:マルチスケイル
性格:意地っ張り
実数値:197(244)-204(252)-116(4)-*-121(4)-101(4)
技構成:神速/地震/羽休め/アンコール

H - 奇数で最大
A - ガチ特化

BDS - 端数

最強。
構築に必須な浮き枠でありクッション枠。
神速と羽アンコの縛り性能については今季も健在であり、レギュレーションFを通してこの型のカイリューを抜く選択肢が無かった。
また、S16に比べ若干ゴーストテラスのパオジアンが減っていた気がするので、神速の縛りが機能しやすかった。
神速逃亡。

ハバタクカミ@ブーストエナジー テラスタイプ:水

特性:古代活性
性格:臆病
実数値:145(116)-*-94(148)-178(180)-156(4)-179(60)
技構成:ムーンフォース/シャドーボール/瞑想/身代わり

デデシタンさんの調整をお借りしました。
神。
今季はサーフゴーの通りが悪いと感じ、代わりにハバタクカミを解禁し採用。
使ってみると今まで何故使っていなかったのか分からないくらい強く、今まで手が届かなかった範囲をこのポケモンが全て補ってくれた。
型もHB電磁波挑発やCS瞑想身代わりを試していたがあまりしっくりこず、最終的にはHBCSにバランスよく振ったこの型のハバタクカミが一番使用感が良かった。
今までずっと相手のハバタクカミをいかに上手く処理するかを課題に挙げていたおかげもあってか、自分で使用する際も適切なダメージ感覚を身に着けることが出来ていた。

ウーラオス(連撃の型)@気合の襷 テラスタイプ:ゴースト


特性:不可視の拳
性格:意地っ張り
実数値:175-200(252)-120-*-81(4)-149(252)
技構成:インファイト/水流連打/アイススピナー/アクアジェット

AS特化, 余りD

熊1。
S17で最も課題だと感じたのは対ブリジュラスにあり、頑丈/持久力という相反する特性に対しても安定して削りを行える襷ウーラオスを採用。基本的にこのポケモンとチョッキガチグマで対面からブリジュラスを倒す事を心掛けていた為、最終日はストレスフリーで対戦を行えた。
終盤はオオニューラが増え処理に困っていたが、ラオスにテラスを切って甘えた猫をカットし処理する事で対策としており、結構通った。
襷フルアタ連撃ウーラオスは爆発力に欠けるが、個人的には連撃ウーラオスの型の中で一番使いやすい型だと感じた。

ガチグマ(赫月)@突撃チョッキ テラスタイプ:ノーマル

特性:心眼
性格:控え目
実数値:213(196)-*-141(4)-198(196)-86(4)-86(108)
技構成:ブラッドムーン/大地の力/ハイパーボイス/真空波

H - なるべく高く
BD - 端数
C - 11n
S - ミラー意識

熊2。
いつものチョッキガチグマ。
ミラー意識でもう少しSを上げようか悩んだ時もあったが、これ以上耐久を切る訳にもいかなかったので従来の調整のまま続投した。
S17は瞑想ハバタクカミの増加によりかなり向かい風だったが、ガチグマ以外で晴れパとキョジオーン軸をどう相手にすればいいか分からなかったので、こちらも抜く選択肢が無かった。

オーガポン(竈)@竈の御面 テラスタイプ:炎

特性:型破り→面影宿し
性格:意地っ張り
実数値:183(220)-182(204)-105(4)-*-117(4)-140(76)
技構成:蔦棍棒/ウッドホーン/戯れ付く/電光石火

すーけんさんの調整をお借りしました。
鬼。
今季は最速剣舞, ラオス抜きウィップ挑発, 岩石アンコ等色々な型で使ったが、どれもしっくりこなかった為、従来と同じくフルアタの石化持ちになった。調整はレギュFに適したものがいいと思ったので、すーけんさんの調整をお借りした。
それまで襷パオ入りの構築に対しての勝率があまりよろしくなかったが、このポケモンを初手置きしてテラスウドホ石火で倒す立ち回りをし始めた結果、勝率がかなり上がった。氷柱怯みが本当にやばいが、かといって他に適切な処理方法が思い付かなかったので致し方なし。最終日は1度も怯まなかったので運が良かった。
また、遅めの連撃ウーラオスが多かった為、カミラオス両方貫通する事もしばしばあった。

パオジアン@拘り鉢巻 テラスタイプ:悪

特性:災いの剣
性格:意地っ張り
実数値:155-189(252)-101(4)-*-85-187(252)
技構成:氷柱落とし/噛み砕く/サイコファング/氷の礫

AS特化, 余りB

ヒヒダルマ
BIG6系統では珍しい鉢巻での採用。他5体では崩し性能が乏しい為この型になった。
崩しにおいてはオボン剣舞型も候補に挙がるが、使用してみてあまり強いと感じず、初撃から最大火力を出せる鉢巻の方が自分に合っていた。
正直あまり選出しない予定だったが、最終日はラティアス入りや受けループがかなり多く、サーフゴーを抜いた弊害でキラフロルやコノヨザルを一撃で落とせるポケモンがこのポケモンしかいなかった為、めちゃくちゃ投げた。
相手のウーラオスやキラフロルのスカーフをガン切りして突っ込んだり、ガチグマの真空波を耐える前提で突っ込んだりと色々舐めたプレイングもしたが、相手も舐めているケアをしていることに変わりないので多目に見て欲しい。
また、パオジアンの先制技において自分は今まで不意打ち派だったが、レギュレーションFにおいては礫一択のように思った。

【基本選出】
・対面系統→刺さってるポケモン3体
基本はから3体、ある程度サイクル回せそうなら入れたり
コノヨ入りはから入る

・サイクル系統、受けループ→+@1
カイリューをクッションにしつつパオで殴る、剣盾のダルマサンダーみたいな感じ

【後語り】
ここまで読んで頂きありがとうございました!
今季は序盤から色々試して強いポケモンを模索していったおかげで、最終的にはレギュEの構築とほぼ一緒になりましたが自分に合った強い構築を作る事が出来て良かったです。
S18も強い構築が作れるよう頑張ります、それでは~

【結果】
TN Labyrinth 最終2128 - 15位

TN SUGAR RUSH 最高210×最終1955 - 320位



皆もブルーアーカイブ、やろう