Gorilla Tactics

ポケモンはパワーだぜ

【ポケモン剣盾】S17使用構築-脳筋ダルマオーガReturns【レート2041/最終32位】

Twitterhttps://twitter.com/beii541?s=21

 

【使用構築】

f:id:Beii:20210401135003j:plain

f:id:Beii:20210408231340p:plainf:id:Beii:20210329235601p:plainf:id:Beii:20210329235945p:plainf:id:Beii:20210418143355p:plainf:id:Beii:20210330000331p:plainf:id:Beii:20210408231527p:plain

↑の並びで潜っていました。

おはこんばんにちは!べいーと申します。

S17お疲れ様でした。序盤は前季結果を残した方が多かったザシアン軸を使っていましたが、あまり上手く使いこなせなかったので結局前季の構築の面子をそのまま使いました^^;

beii.hatenablog.com

S16の構築記事を公開してしまったことで型バレの問題があったと思いますが、割とメジャーな型ばかりでパーティーを組んでいるのでそこまで影響は無かったと思います。(ヒヒダルマがスカーフを考慮されないくらい?)

殆ど構築に変わり映えがありませんが、最後まで読んでくれると嬉しいです!

 

【コンセプト】

サンダーの後攻ボルトチェンジから展開し、隙を見てカイオーガミミッキュを通す。

パワー(鉢巻、雨潮吹き、剣舞)でゴリ押す。

 

【個体解説】

ヒヒダルマ@拘り鉢巻

f:id:Beii:20210408231340p:plainf:id:Beii:20210408231947p:plain

性格:意地っ張り

実数値:180-211(252)-75-×-76(4)-147(252)

特性:五里霧

技構成:氷柱落とし/ストーンエッジ/フレアドライブ/地震

調整:A→ぶっぱ

   D→ダウンロード調整

   S→準速

 

嫁ポケ枠兼受け崩し枠。

受け崩し枠として今季も鉢巻ヒヒダルマを採用しました。

今季は受け構築がかなり多かったので、必然とヒヒダルマの選出率が上がり楽しかったです。

前季との変更点として、馬鹿力をストーンエッジに変えましたが、時々いたホウオウ軸にも初手から強気に投げていけるので良かったです。

基本的に竜王戦環境の鉢巻ヒヒダルマは、一致技且つムゲンダイナに打つ「氷柱落とし」、鋼飛行(テッカグヤエアームド、アーマーガア)に打つ「フレアドライブ」、ドヒドイデに打つ「地震」があれば@1の技は何でも良いので、あまり打つ機会がなかった馬鹿力を切ってストーンエッジを入れたのは正解だったと思います。(あんま使わんかったけど)

他に受け崩し枠として鉢巻悪ウーラオスが居ますが、あちらはドヒドイデやムゲンダイナをワンパン出来ないので、受け崩しの性能としてはヒヒダルマの方が一枚上手だと思っています。

 

テラゴリラ来た、これで勝つる\(^o^)/

 

サンダー@オボンの実

f:id:Beii:20210329235601p:plainf:id:Beii:20210408232024p:plain

性格:図太い

実数値:195(236)-×-144(204)-146(4)-111(4)-128(60)

特性:静電気

技構成:ボルトチェンジ/暴風/熱風/羽休め

調整:nocheさんのS14のサンダーの調整をお借りしました。

 

地面の一貫を切る為の飛行枠。

現環境でサンダーより強い飛行タイプは存在しないので、今季もサンダーを採用しました。

前季同様後攻ボルチェンからカイオーガミミッキュに繋ぐ動きが強力であり、且つ状況を見て自身もダイマックスを切って攻めていけるので非常に使いやすかったです。

ポケモンHOMEの統計を見るとサンダーの持ち物はゴツメの方が圧倒的に多いのですが、自分は体力管理がしやすいオボンの方が強いと思っていますb

自分もサンダーを使っているのでこんなことを言うのもあれですが、サンダーに運ゲー(暴風混乱、静電気麻痺)を仕掛けられないようにするには、サンダーになるべく触れず(カイオーガの潮吹き、ミミッキュ剣舞ダイホロウorダイフェアリー等)迅速に処理することを心掛けることが大事だと思いました。

 

欲を言えば、サンダー三体選出が強かった(サンダーパやめろ)

 

カイオーガ@拘りスカーフ

f:id:Beii:20210329235945p:plainf:id:Beii:20210408232006p:plain

性格:臆病

実数値:175-×-111(4)-202(252)-160-156(252)

特性:雨降らし

技構成:潮吹き/冷凍ビーム/雷/熱湯

調整:B→端数

   C→ぶっぱ

   S→最速

 

禁伝枠兼構築に必須な水枠。

例によって潮吹きが本体の潮吹きぶっぱマンです。(意味がわからん)

サンダーのボルチェンから繋ぐ展開とかなり相性が良く、サンダーのボルチェン+スカーフ潮吹きで多くのポケモンを縛る動きが前季同様非常に強力でした><b

HPが削れていてもダイマックスすれば潮吹き媒体のダイストリームは威力150なので、カイオーガダイマックスする事も結構多かったです。

 

自分だけ来季もカイオーガ使わせてくれないかなぁ

 

メタグロス@突撃チョッキ

f:id:Beii:20210401033127p:plainf:id:Beii:20210408232059p:plain

性格:意地っ張り

実数値:185(236)-205(252)-150-×-110-93(20)

特性:クリアボディ

技構成:雷パンチ/冷凍パンチ/瓦割り/バレットパンチ

調整:H→チョッキ込みでC202カイオーガの雨潮吹き(ダイストリーム)確定耐え(84.3〜99.4%)

   A→ぶっぱ

   S→気持ち多めに

 

対ゼルネアス、壁展開枠。

パーティに入れると見た目の偏差値が53くらい良くなる大誤算の相棒です。

ナットレイと違い、ゼルネアスに気合玉で弱点を突かれない点、ゼルネアスと一緒に居ることが多い壁展開要因を瓦割りで割りつつ攻めていける点が優秀でした。

前季は雷パンチの枠をアイアンヘッドにしていましたが、そもそもゼルネアスが少ない事と、対カイオーガにワンチャンを持たせたいという事で雷パンチにしました。

結局カイオーガにはあまり打ちませんでしたが、他のポケモンにはダイナックルと合わせて広い技範囲で攻めることが出来て強かったです。

 

┌(ФXФ┌ )┐カサァ...←※メタグロス

 

ガブリアス@気合の襷

f:id:Beii:20210330000331p:plainf:id:Beii:20210408232818p:plain

性格:陽気

実数値:183-182(252)-115-×-106(4)-169(252)

特性:鮫肌

技構成:スケイルショット/地震/炎の牙/剣の舞

調整:A→ぶっぱ

   D→端数(ダイアースのD上昇を考えて偶数)

   S→最速

 

電気の一貫を切るための地面枠。

6世代の覇者且つレートの守り神ガブリアスです。

他の地面枠も考えましたが、ウーラオスとサンダーより早い地面タイプは剣盾にガブリアスしか存在しない為(というか剣盾で地面タイプ最速はガブリアス)そのまま使いました。

状況に応じて剣舞で崩したり、襷を盾にストッパーになれたりと、雑に使っても腐ることが殆どなく強かったです。

今回はメタグロスにチョッキを持たせているため採用できませんでしたが、チョッキガブリアスの打ち合い性能も個人的に評価が高いです。

 

ミミッキュ@命の珠

f:id:Beii:20210408231527p:plainf:id:Beii:20210408232115p:plain

性格:陽気

実数値:131(4)-142(252)-100-×-125-162(252)

特性:化けの皮

技構成:ゴーストダイブ/戯れ付く/影打ち/剣の舞

調整:H→端数(H奇数)

   A→ぶっぱ

   S→最速

 

最強ポケモン

私が剣盾で一番信頼しているポケモンミミッキュです。

特性の化けの皮は言わずもがな最強ですが、化けの皮が剥がれてからも絶妙な耐久ラインのお陰でダイマックスすれば色々耐えてくれるので優秀でした。

恐らく後もう少し剣盾環境が続きますが、制限されない限りはずっとパーティに入れると思います。

 

【基本選出】

基本→サンダー+カイオーガ@1(メタグロスorガブリアスorミミッキュ)

対面→カイオーガ+ガブリアス+ミミッキュ

受け→サンダー+ヒヒダルマ@1(カイオーガorガブリアスorミミッキュ)

 

【後語り】

ここまで読んでくださりありがとうございました!

今季の最終日は疲れていたのと次の日バイトがあったのとで、二戦くらいしてやめてしまいましたが、個人的にこの竜王戦環境は自分のレーティング対戦における一つの殻を破る事が出来たので、非常に良かったと思っています。

来季からは冠の雪原環境が戻ってくるらしいので、またのんびり頑張りたいです( ´・◡・`)

それではよいゴールデンウィークを~

 

【結果】

TNべいー

最終32位最高最終レート2041

f:id:Beii:20210501113349j:image

f:id:Beii:20210501113401j:image